0

大日如来像の修正①

9月に全体を組み立ててから下半身の高さを低くして足の指を作りこみと、ディテールの調整をし、その他形状の良くない部分の修正をしたものが上の画像です。
これを見て脚の前面のボリュームや形状をデータの状態で修正しています。下半身に関しては最初に制作したもののできが悪く他の部分より修正が多くなっています、次の修正で目途をつけたいです。

以前から目が暗くなってしまうのが気になっていました。
原因は組立てし易くするために目蓋の厚みを多くしていたためです。
そこで目蓋を薄くし、組み立てしにくくなるので目と顔を別のパーツにして制作しました。
それが上の画像ですが組立て易くなるわけでもなく形状も崩れてしまいました。
制作する前からそんな気がしていたのですが上手くいきませんでした。
ただ目蓋の厚みが紙の厚さと同じくらいの大きさの像でしたら使えそうな表現なので今後使えればよいかなと思いました。
下の画像は今までのものをベースに眼球部分の角度を変更して明るく見える様にし目蓋もギリギリまで薄くしました。以前のものより良くなってきたのでこの方向で調整していこうと思います。

これからもう一度全体を制作して完成できたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です